口周りのニキビが多いのが悩みです

その他の部分は特に問題ないのですが、口周りのニキビが多いのが悩みです。

胃が弱いので、その影響が口周りに出てしまうのが原因と思われるので、大好きですが脂っこい食事や、胃を冷やす食べ物はなるべく避けています。

唐揚げや串カツなどを食べると、必ずと言っていいほど次の日に口周りニキビができてしまうので、お店では避ける用にしていますが、好きな食べ物なので油で揚げなくても唐揚げなどができるキッチン家電を使って食事を楽しむようにしています。

お手入れは、お化粧をしている時間を極力減らすように努力していて、帰宅してすぐにクレンジングし、肌を清潔にするよう心がけています。

休日など、化粧をしなくても良い日には日焼け止めだけで済ませるなど、肌への負担を減らし、ニキビができてしまったらその周辺は化粧をしないなど気を使っています。

肌を刺激するのが最も良くないので、クレンジングは肌に優しいミルククレンジングを使い、洗顔は濃密な泡を作ってなるべくゴシゴシこすらないように洗っています。

化粧水と乳液は、たっぷりと惜しみなく使えるよう、プチプラブランドのものを使用しているので、潤いはかなりあります。

1週間に1回程度、フェイシャルパックをして、肌の水分補給をするように心がけています。

思春期ニキビの痕跡?

私は、小学校の5年生から6年生の頃にかけて、小さく少しずつニキビが出てきて、中学校の一年生の頃には完全な思春期ニキビになって、大きいニキビも赤く腫れ上がったニキビも沢山出来るようになりました。

中学校の三年生になった頃には随分と落ち着いてきたのですが、特に大きかったニキビの跡が黒く紫色に残ってしまったり、ニキビのあった部分が凹んでいたりします。

中学生の頃に、随分とニキビのことを調べて、洗顔や保湿を毎日して自分で治すことはできました。

最近も新しいニキビは、あまりできなくはなりました。

しかし、やはり、白くてつるんとした綺麗な肌になりたいなぁ、と思い悩んでいます。

ニキビのケアの仕方などはよく聞きますが、ニキビ跡は皮膚科などに行ったり、自分では治せないのですかね…。

私の知り合いに、皮膚科にかかってニキビを治すためのレーザーを当てたという方が1人いますが、その人は、レーザーを当ててからしばらく外に出ることができなかったと言っていました。

学校や仕事があったりすると、そういう治し方はなかなか自分にはできないかな、と思ういます。

そうすると、家でできる治し方になってしまうと思うので、毎日肌を大事に、少しずつ良くなっていけば良いなとは思います。