スイス製オーガニック化粧品

年齢的にもアンチエイジングを意識した肌のお手入れをしています。

普段からあまり肌に負担がかからないスイスのヴェレダというオーガニックの化粧品を愛用しています。

洗顔は夏には同じメーカーの石鹸で2回洗い、洗顔後に昼はディクリームを塗りその上からメイクをします。

 夜は洗顔後に美容液とナイトクリームを塗って休みます。

たまに肌が疲れた時にパックをするくらいです。

オーガニックの化粧品を使い始めて肌に合うのか乾燥しなくなりました。

冬は空気も乾燥するため洗顔も石鹸から保湿成分が入ったジェルに変えます。

部屋の暖房でも肌が乾燥するため寝る時には加湿器を使っています。

寝不足になると肌もくすんだ感じになるため出来るだけ7時間から8時間は取るようにしています。

肌のために特にサプリを取ったりはしませんが、出来るだけ食事も野菜などを取るように心がけ、果物もビタミン補給に毎日食べています。

ボディのケアは夏はなるべく直射日光は避けるようにしていますが、日焼けをした時にはアロエのジェルを塗りますがそれほど神経質にはなっていません。

 冬は肌も乾燥するため体も石鹸は使わずバスオイルを入れて入浴し、お風呂上がりにはすぐにボディクリームをつけるようにしています。

顔もボディもオーガニックの植物由来の成分のものばかりで化学物質の入った化粧品は使っていないので肌のトラブルはあまり感じません。

年齢を重ねるごとに関心が増す肌ケア

30代半ば頃からお肌の状態を意識する様になりました。

若い頃はあまり肌のケアに関心がなく、ニキビや肌荒れもありましたが、それほど気にしていませんでした。

しかし、肌のケアを気にし始めたきっかけは、おそらく小じわやほうれい線だと思います。

なにげなく鏡を見ていて、あれシワが増えたなあ、と思ったのです。

私は以前から乾燥肌で、冬場にはカサカサで粉を吹くような状態でした。

乾燥した肌はやはりシワが出来やすいです。

それから、保湿成分の高い化粧水や乳液、美容クリーム、パックにと色々興味を持って買いました。

また、洗顔も肌に優しいものに変えて、潤いを洗い流さない米ぬか成分の商品に変えました。

しかし、今まで手抜きでしていた肌ケアを、毎日しっかりと続けるのが大変だったので、今は6種類の機能が入ったオールインワンジェルに変えて肌ケアをしています。

肌ケアは、毎日の積み重ねだと思うので、続けられる事が一番なのかなぁと実感しています。

そのほかには、2日に一度はホットタオルで毛穴ケアをしています。

タオルを温めるだけですが、これがなかりの効果です。

開いた毛穴の汚れがとれて、頬のあたりの目立っていた毛穴が少しずつですが、改善されてきました。

若い頃からのお肌ケアも大切だと痛感しながらも、日々楽しみながら肌ケアをしています。